superpower 2 : scenario politics(政治)01 : トルコ共和国を欧州連合に加盟させる

諸条件

objective : トルコ共和国を欧州連合に加盟させる

difficulty : 初級

end condition : トルコ共和国を欧州連合に加盟させる

own country : トルコ共和国

time limit : 無し

explanation :

トルコ共和国は他の中東の国家から距離を置くために何年も勤めてきました。 新しい政府として、あなたはトルコ共和国の国民が社会的・経済的な質を向上させるために欧州連合(European Union)に加わる事を公約に掲げ、そして選ばれました。 その選挙公約を果たすことがあなたの目的です。

tips :

欧州連合共同市場協定(European Union common market)は新メンバーに開放されています。 しかし協定に加盟するにはまず、必要な条件をすべて満たさなければなりません。 したがって、すべての既存の協定メンバーとの外交関係を向上させ、欧州連合への参加資格を満たすために経済力を高めなければなりません。 必要な条件を満たしたならば、協定に加わってください。

——————————————————————————–

プレイ記録

下の図がトルコ共和国です。 首都はアンカラ。 知っているようで知らなかったというか、なかなか日常生活で思い出す必要の無いことですねぇ。 良い刺激です。

国内の所々に点在している緑の四角は、各所に配備されている軍事ユニットです。 主に陸軍ですね。 下の方に海軍ユニットも少し配備されています。

このシナリオの目的は、トルコをEU連合に加盟させることです。 なので、主に経済のみを見ていれば大丈夫ですね。

下の図は、ゲーム開始直後のトルコの経済状態です。

「BUDGET」の部分の「BALANCE」がマイナスになっているって事は、あまり好ましい 状態で はなさそうです。

とりあえず、「ECONOMIC HEALTH」の詳細を見てみましょう。

まず気になるのが「インフレ」の部分じゃないでしょうか?

38.9% ってどうなんでしょうね。 これって単純な物価上昇率ですよねぇ。 きっと・・・。 年 38.9% の上昇ってすごくないですか? で、経済に疎いのでちょっと調べてみたのですが、物価上昇率ってのは 2% ~ 3% が良いそうで、マニュアルでもそのあたりになるように調整しろと書いてあります。

対応としては、利率(INTEREST LEVEL)を 1% 上げて 3% にしてみました。

次に気になるのが所得税率(PERSONAL INCOME TAX)。 34.5% って、結構高くないでしょうか。
で、他の国を見てみたのですが、なななんと! 70% とか 80% ってのに近い数字がごろごろしてますね。 まじっすか・・・。 でも、急激には税率を上げれないので、とりあえず 3% 上げて 37.5% にしてみます。

ちなみに、日本の所得税率は 10% から 37% まで、4段階になっています。 大方の人は 20% ではないでしょうか。

次に BUDGET の詳細を見たのですが、軍隊の維持(UNIT UPKEEP)が多いようなので、簡単に削減できそうな部分を絞ります。

目に付いたのは「COVERT ACTIONS」です。 隠密部隊には、隠密に経費削減していただきましょう。 かといって、解散しちゃうのはちょっとこわいヘッポコプレイヤーなので、ステータス変更を活動(ACTIVE)から休止中(DORMANT)に変更しま す。 これで、この部分の維持費は半分になりました。 本当は、その他の軍事部隊も削減したかったのですが、他の国からの侵略が怖かったのでそのままです。 現実では、侵略なんてあるわけないじゃん、といっておきながら、もしも! とか考えると怖いもんです(汗)。この状態でどのような結果になるのか、しばらく観察します・・・。

インフレは、劇的に変化します。 どんどん物価上昇率が下がります。 これって利率を 3% にしなくてもこうなったんじゃなかろうか・・・。

経済状態も良い方向に進んでいきます。 2 ヶ月程度が過ぎたところで、所得税率を 2.5% 上げて 40.0% にします。 じりじりと増やすのです。 あぁ、なんかリアルでイヤだなぁ。 この所得税率は、ほぼ 2 ヶ月毎に 2.5% づつ上昇を繰り返し、結局は 57.5% まで上げました。 その間、物価上昇率はどんどん下がりますので、適宜、利率を調整します。 利率をちまちまと調整しながら、ボォ~~~~~と地球を眺めていると、じきに「BUDGET」の「BALANCE」がプラスになります。

「BALANCE」が少し落ち着いたところで、経費を微妙に調整してみましょう。

正直、何をどうするとどうなるのか、さっぱりイメージできないので、「BALANCE」がマイナスにならないように、全体に少しずつ経費を増やしました。

ほんとうは、「RESOURCES」の部分を分析して、効果的な部分に経費を割くべきなのでしょうが、面倒なので今回は適当です(汗)。

トルコが地味に経済成長を続けていると、どうやらお隣の国が戦争に入ったようです。

お隣の国はシリア(Syria)。 4 カ国相手に奮戦しています。 どのみち勝ち目は無いのにね・・・。

キプロスというのもお隣さんのようですねぇ。 危ないですねぇ。

ゲームですから、どちらかに参戦して世界戦争へ発展させるのも面白そうなんですが、今回は、目的を遂行することに集中します。 なので、シカトです。 軍隊なんてピクリとも動かしません。

さて、そんなこんなで経済成長もある程度進みました。

そろそろ、 EU 連合へ加盟する条件なんぞを調べたいのですが・・・。 やり方がわかりません。 「TREATIES」とか開いてみるのですが、それらしい条約が表示されないのです。 確か、 EU 連合は新規メンバーを受け付けるために公開されている条約のはずですが・・・おかしいですねぇ。

と、ふと目に留まった部分がありました。 「TREATIES」の「FILTER」です。 そうです、トルコが加盟している条約でフィルターがかかっていたので、EU連合が表示されなかったのです・・・(滝汗)。

で、EU 連合に加盟していそうな国をフィルターで指定してみたところ、表示されましたEU連合!

で、条件なんですが・・・よくわからんのでスクリーンショットを撮って訳してみようかと思ったのですが、よく見ると「JOIN」とかいうボタンが押せる状 態になってますねぇ・・・。 こうなってると、押したいでしょ? このボタン・・・。

押したいよね! ポチッ!

あっ、押しちゃった!!

おっ!! おわっちゃった!!
加盟できちゃったみたいです!

超あっけない終わり方です。 これでいいのでしょうか、というか、このゲームでしか許されないであろう唐突な終わり方です。 まさに、デザインコンセプトが統一されているというか手抜きというか。 あまりに唐突なので、つい、もう一回やってしまいたくなりました。

終わり。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中