superpower 2 : マニュアル翻訳もどき : MILITARY WINDOW

MILITARY WINDOW

MILITARY WINDOW

軍事に関する設定を行うための最初のウィンドウです。

conventional force :

通常戦力。 それぞれのタイプで利用可能な軍事ユニットの数と、世界的に評価したランクが表示されています。

「more」ボタンを押すと「UNIT LIST」ウィンドウが表示されます。 これは既存の軍事ユニットの詳細を表示するボタンですね。

「BUY」ボタンを押すと「UNIT MARKET」ウィンドウが表示されます。 これは軍事ユニットの購入ボタンですね。

「RESEARCH」ボタンを押すと「UNIT RESEARCH」ウィンドウが表示されます。 これは軍事関係の研究費の調整でしょうか。

「BUILD」ボタンを押すと「UNIT PRODUCTION」ウィンドウが表示されます。 これを押すと独自の軍事ユニットの設計ができます。

「DESIGN」ボタンを押すと「UNIT DESIGN」ウィンドウが表示されます。 これは設計が完了した新しいユニットを実際に作るボタンでしょう。

「DEPLOY」ボタンを押すと「GROUND DEPLOYMENT」ウィンドウが表示されます。 これは、使用可能なユニットを編成して、必要な場所に展開させるためのメニューを表示するボタンのようです。

strategic forces :

戦略的な戦力。 「RESEARCH」ボタンを押すと核開発計画の研究を開始します(相応の予算が必要になりますが・・・)。

missile defense :

ミサイル防衛。 「RESEARCH」ボタンを押すと、ミサイル防衛についての研究開発を行います。

covert actions :

秘密工作。 ボタンを押すと「COVERT ACTIONS」ウィンドウが表示されます。

STRATEGIC WARFARE :

戦略核の使用。 ボタンを押すと戦 略核を発射するためのウィンドウが表示されます。

war list :

戦争リスト。 ボタンを押すと「WAR LIST」ウィンドウが表示されます。

——————————————————————————–

UNIT LIST

ユニットリストウィンドウです。 「UPKEEP」というのは「維持費」ですね。 部隊を選択して「TRAIN」ボタンを押すと、選択した部隊をトレーニングできます。

——————————————————————————–

UNIT MARKET

ユニットマーケットウィンドウです。 「UNIT TYPE」の部分で兵器の種類を選択して、購入可能な兵器を見繕ってください。 「PRECISION」というのは「精度」のことだそうです。

——————————————————————————–

UNIT RESEARCH

ユニットリサーチウィンドウです。 左上の「GROUND」「AIR」「NAVAL」「STRATEGIC」のスライドバーで、各軍部毎の研究費用を割り振るみたいです。 下の方には「TECHNOLOGY」「PROGRESS」「FINANCING」という三つのタグがありますね。 「TECHNOLOGY」は、それぞれの項目の技術レベルを見れます。 青 1 マスが 1 レベル分でしょうか。 「PROGRESS」では、それぞれの項目の研究の進行具合が見れます。 「FINANCING」では、それぞれの項目に対する研究費用を設定できるようです。

——————————————————————————–

UNIT PRODUCTION

ユニットプロダクションウィンドウです。 自分の国以外の兵器もオーダーできるようですね。 この辺は、条約にも影響されそうです。 「Accept Foreign Orders」のチェックボックスは、国外からの発注を受け付けるかどうかを決めるようです。

——————————————————————————–

UNIT DESIGN(その 1)

ユニットデザインウィンドウです。 デザインといっても、左図のメニュー画面でデザインできる部分は無いようですね。 この画像は、ベースとなる機種を選択するメニューのように感じます。

——————————————————————————–

UNIT DESIGN(その 2)

実際のデザインはこの画面で行うようです。 「UNIT STATISTICS」のスライドバー部分は、研究開発レベル以内で、その機種の性能を調整できます。 外見の選択もできますし、一応、色の選択もできます。 種類が多いでしょうから、調整できる範囲はこんなもんでしょうか。 個々のユニットが前面に出てくるゲームではないですから、カスタマイズに注力しても仕方が無いですしね。

——————————————————————————–

UNIT DEPLOYMENT

ユニット配備ウィンドウです。 配備可能な部隊がリストアップされるようです。 リストアップされた部隊を地球にドラッグアンドドロップすることでも配備可能のようです(そう書いてあるし)。 ここでもトレーニングできるようですね。 部隊を選択して「TRAIN」ボタンを押せば、トレーニングできると思います(まだやったことない)。

——————————————————————————–

COVERT ACTIONS

秘密工作ウィンドウだそうです。 秘密工作は「cell」という単位で管理されていて、一つのセルには一つの任務を割り当てることができるみたいです。 それぞれのボタンはなんとなく想像できるでしょう。 この画面では、まだいろいろできそうなので、遊んでみてからいろいろ追記します。 「NEW MISSION」ボタンを押すと、下の画面が出てきます。 「DEPLOY」ボタンを押すと「NEW MISSION」ウィンドウが表示されます。

——————————————————————————–

NEW MISSION

新しいミッションを作成するウィンドウですね。

mission type : ミッションタイプ

  • espionage : スパイ活動
  • sabotage : サボタージュ
  • assassination : 暗殺
  • terrorism : テロリズム
  • coup d’etat : クーデター

target sector : ターゲットセクター

  • civilian : 民間人
  • military : 軍人

resource / unit category :

リソースまたはユニットカテゴリー。 秘密工作を行う対象が軍の場合は、そのカテゴリ(陸海空)を選びます。 対象が民間に場合は、どのリソースへの工作かを選びます。

complexity : ミッションの困難さ

  • low : 低い
  • moderate : 中間
  • high : 高い

framed country : 立案した国

none :

無し(つまり、自分の国です)

any country :

他の国(ようは、どこかの国のせいにするってことです) 左図の場合だと、この部分に「JAPAN」なんて選択してその工作が成功すれば、アメリカは「日本から秘密工作を受けた! んなろー!」と思うわけです。 当然、外交関係も悪化します。 まさに、秘密工作的な感じですが、これをすると難易度が上がるようです。 失敗すれば・・・、もうわかりますよね。 う、「FRAMED COUNTRY」と「TARGET COUNTRY」はプレイヤーの国に対して憤慨し、両方の国との外交関係が悪化します。

——————————————————————————–

戦略核を発射するためのウィンドウ

核兵器を持っている国が「あ~ぁ、世の中に疲れちゃったなぁ」という時に、ついつい選択しちゃう画面ですね。 「SUGGESTED」っていうボタンは何ですかねぇ。 消極的な提案? ん~、遊んでみてからコメントします。 「PREPARE FOR LAUNCH」は、「やっちゃえ~」ってボタンですね。 これですべてが終わるのか?

——————————————————————————–

WAR LIST

上段には、戦争にリストがズラズラと表示されます。 いづれかを選択すると、その詳細が下段に表示されます。 左図の場合、シリアとイスラエルが戦争をしていて、キプロス、南アフリカ、アメリカが参戦しているようです。 上段の「ALLIES」は同盟国という意味で、同盟国の数が表示されます。 左図の場合は、イスラエル側が 4 になっていますね。 「STATUS」の部分は、戦争への意思表示のようで、小さな拳銃のアイコンの場合は「やってやるぜ!」という感じで、交戦の意思丸出しです。 これが、小さな白旗の場合は「もうそろそろやめましょう」という感じで、休戦したい意思表示です。 自分が戦争に参戦している状態で休戦したい時は、個々からできるようです(詳細は不明)。

——————————————————————————–

CONVENTIONAL WARFARE

通常戦闘が行われる際の戦闘画面です。 画面右下に、部隊に対する指示を出すような選択項目があるのですが、いまいち、適切な訳が見当たりません。 適当に書いてみますと・・・。

Manual :

手動操作って事でしょうが・・・。 この画面で部隊を操作できるとは思えません。 操作方法さえわからずじまいですがな(泣)。

Full Assault :

要するに、皆殺しでしょ? 何もしなくても皆殺しになってしまいますが・・・。 そのへんどうなの?

Air Supremacy :

制空権掌握って感じでしょうか。 敵の航空ユニットや対空地上車両を優先して攻撃かな?

Ground Assault :

地上部隊を重点的に攻撃ということかなぁ。

Ranged Attack :

範囲攻撃? 射程内を攻撃? それとも、指定領域の攻撃でしょうか? 領域指定などできませんが・・・。

Retreat :

これは、退却ですねぇ。

——————————————————————————–

STRATEGIC WARFARE

これは核兵器を使う場合に表示される画面ですね。 選択できる項目は何があるのでしょうか。 いつものように、適当に書いてみましょう。

COUNTRY :

何を対象にするかですね。 軍事施設か民間施設を選択できるようです。

ATTACK TYPE :

内容消失しちゃった(汗)。

ATTACK STRENGTH :

どの核ミサイルを使うかですね。

Use land-base ICBM only :

本土に配備されている核ミサイルを使います。 航続距離以上の場所は攻撃できないようです(当然ですがね)。

Use submarine-launched ballistic missile :

潜水艦に配備されている核ミサイルを使います。 こちらは移動できるので「撃てねぇ・・・」って事は無さそうです。

Use both :

とりあえず全部で、という感じです。 大人買いな印象です。

SUGGESTED :

控えめな提案? 何ですか? すみません。 核ミサイル撃っていいでしょうかって? こりゃ、使っていないとわかりませんねぇ。

PREPARE FOR LAUNCH :

んじゃ、 1 発いってみますか! というボタンです。 ブッシュが「あ、押しちゃった♪」みたいなボタンです。 これで地獄を拝めます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中